病院情報の公表

令和2年度 栃木医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 516 117 174 226 353 535 836 1,425 1,221 448
令和2年度の1年間に当院を退院された患者さんを10歳刻みで集計したものになります。(年齢については、入院した時点の年齢で集計しています。)
当院は「2次救急病院輪番病院」として小児救急医療施設当番病院を行っているほか、アレルギー専門医教育研修施設認定も受けており、小児の患者が多く入院しています。
また、「地域医療支援病院」、「在宅療養後方支援病院」として地域密着型の医療を提供しており、地域のかかりつけ医の先生方からの紹介患者を積極的に受け入れ、近隣の病院・診療所との連携を強化・充実を図れるように努めています。
年代別では前年度と同様に60歳代以上になると患者数が急増しており、患者さんの高齢化が見て取れます。0歳以上10歳未満の入院も516件と、幅広い年齢層の患者さんに入院治療を提供しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード


■内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 93 18.9 17.23 3.23% 82.39
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 なし 78 18.12 13.00 2.56% 78.35
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 77 4.53 2.66 0.00% 71.78
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 66 3.2 3.07 1.52% 66.08
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 57 5.95 4.44 0.00% 71.09
研修医プログラムが充実しており、指導医から研修医まで多数在籍しております。専門の資格を所持している総合診療内科、循環器内科及び消化器内科等の医師が密に連携を取り、幅広く診療にあたっています。
疾患としては、加齢に伴い慢性的に心臓機能低下などの影響で発症する心不全の症例が最も多く占めています。また、尿路感染症、狭心症に対する心臓カテーテルの検査、治療の患者さん、大腸ポリープに対する内視鏡治療の患者さんが上位を占めており、専門的な治療が必要な幅広い疾患を診療しております。

■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 80 5.63 4.86 0.00% 69.79
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 38 16.66 16.19 7.89% 74.97
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 38 6.18 6.02 0.00% 64.13
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 9.35 7.23 0.00% 66.49
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 29 7.86 6.41 0.00% 61.28
当院は、「がん診療中核病院」として、消化器系の手術を中心に外科的治療を積極的に行っています。乳癌や消化器癌に対する手術の他、化学療法や放射線療法等の専門的な診療も行っております。
疾患については、鼠経ヘルニアに対して手術を行った症例が80症例で最も多く、次いで結腸の悪性腫瘍に対する手術、乳房の悪性腫瘍に対する手術、そして、胆嚢疾患に対する手術を行った症例が上位を占めております。乳房以外の手術では、腹腔鏡での手術も含まれており、患者さんの身体的負担を減らす手術を積極的に取り入れております。
また、「開放型病院」として、当院の病床や検査機器を地域の先生方に利用していただき、共同して診療を行うなど連携を強化・充実を図るよう努めております。

■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 153 30.75 25.09 47.06% 81.44
160760xx97xx0x 前腕の骨折 あり 定義副傷病なし 75 5.28 5.18 1.33% 59.29
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 あり 定義副傷病なし 35 3.77 6.19 0.00% 43.66
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 32 13.41 15.03 0.00% 69.84
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) なし 29 19.03 18.81 10.34% 79.72
当院では、整形外科専門医を含めた医師を中心として、外傷から慢性疾患まで幅広く治療にあたっています。
疾患については、高齢者の骨折の患者さんが多く入院し、その中でも大腿骨骨折の手術の症例が153症例と、他の疾患と比較しても非常に多い状況です。次いで、他の骨折、脱臼、挫傷、脊椎疾患などの外傷にも対応しており、治療は多岐にわたります。
また、入院後早期に手術、リハビリテーションを実施することで、自分の力で歩くこと、早期の退院を目指すことを重視した治療を心がけています。更にリハビリテーションが必要な場合には、リハビリテーション専門病院へ転院を行えるよう医療連携も積極的に行っております。

■小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 209 1.11 2.44 0.00% 4.15
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 72 1.03 2.12 0.00% 3.43
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 39 1.46 7.71 0.00% 1.79
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 3.5 5.86 0.00% 3.45
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 13 5.31 3.96 0.00% 0.69
当院はアレルギー専門医教育研修施設認定の認定を受けており、小児の食物アレルギー検査目的の患者さんが多く入院しています。また、「小児救急医療施設当番病院」として小児患者の救急受入を行っており、幅広い小児疾患に対して専門的に対応しております。

■泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 75 2.04 2.54 0.00% 70.91
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 54 2.65 2.66 0.00% 51.65
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 50 8.7 7.05 0.00% 76.02
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 35 7.09 5.67 0.00% 69.46
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 32 5.41 4.13 3.13% 71.16
前立腺がんの検査である前立腺針生検の患者さんが最も多くなっております。尿路結石や膀胱結石に対しての体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が多く行われております。また、身体への負担が少ない尿道から内視鏡を使用して腫瘍や結石を摘出したり、ステントを留置する経尿道的の手術も多く行われております。いずれも、クリティカルパスを使用し、医療の質向上や標準的な医療の提供に努めております。

■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 22.19 18.86 51.85% 71.44
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 16 15.64 15.38% 70.73
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 15.21 15.54 26.32% 71.84
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 19.06 12.04 5.56% 76.5
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 24.69 21.03 31.25% 78.13
脳出血や脳梗塞等の脳血管障害の症例が多くを占めています。脳血管疾患に対して検査から治療まで一貫して行うことが可能であり、救急患者を積極的に受け入れております。また、1次脳卒中センターの認定を受けており、脳卒中患者に対して早期にt-PAや手術等が行えるように、常時受け入れ体制を整えております。他にも診断や治療に当たる疾患は多岐に渡り、くも膜下出血、髄膜腫や下垂体腺腫、神経膠腫(グリオーマ)といった脳腫瘍、頭部外傷、三叉神経痛や顔面けいれんといった機能領域、水頭症や脳脊髄液減少症や痙縮といった分野においても対応しております。治療内容については、開頭手術はもちろん、カテーテル治療や内視鏡治療にも力を入れております。

■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等両眼 88 4.91 4.95 1.14% 76.73
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等片眼 54 2.07 2.76 1.85% 75.37
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり 重症度等片眼 - - 5.79 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 6.49 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 あり 重症度等片眼 - - 5.65 - -
前年度と同様に、白内障の症例が最も多い状況です。白内障を中心にクリティカルパスを使用しており、短い入院日数での治療が可能であり、標準的な医療の提供に努めております。硝子体疾患に対して、低侵襲小切開硝子体手術が可能な設備や網膜疾患や緑内障の診断に必要な眼底三次元画像解析機器を整備しております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 なし 手術・処置等1あり 62 2 2.04 0.00% 62.73
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 なし 20 5.85 5.63 0.00% 37.9
030428xxxxxxxx 突発性難聴 15 7.6 8.81 0.00% 62.4
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - 8.44 - -
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭・声帯ポリープ切除術等 - - 4.62 - -
前年度と同様に、咽頭・喉頭の疾患が多く占めており、扁桃周囲膿瘍や急性扁桃炎の全年齢層の患者に対して手術を含めた治療を行っております。当科では、耳、鼻、咽頭・喉頭の病態を扱う診療科ですが、診療範囲は首の上から脳の下までに及びます。また、病態は多岐にわたり、風邪による上気道炎から悪性腫瘍(癌)まで首から上にまつわる諸症状に対し、懇切・丁寧な医療の提供を心がけています。また、睡眠時無呼吸症候群疑いの患者に対しては短期入院で睡眠時ポリグラフィー検査を行っております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 あり 28 8.79 8.43 0.00% 70.64
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 25 10.56 9.45 0.00% 31.68
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 23 10.13 9.57 0.00% 50.52
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 15 10.07 10.00 0.00% 55.93
120180xx99xx0x 胎児及び胎児付属物の異常 なし 定義副傷病なし 14 8 6.13 0.00% 30.36
当院では、婦人科疾患全般、妊婦健診および産科疾患全般の治療に対応しています。また、自然分娩や帝王切開の周産期の方や、子宮筋腫や卵巣嚢腫等の疾患に対して外科的治療を積極的に行っております。

■皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 15 8 9.12 0.00% 65.2
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 10 13.1 7.71 0.00% 80.4
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.87 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 28.91 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.76 - -
皮膚科学会専門医研修施設として認定されており、皮膚疾患全般を幅広く診療しています。症例については、帯状疱疹、皮膚悪性腫瘍が多く占めており、帯状疱疹に対しての薬物療法や皮膚の悪性腫瘍に対しての手術を積極的に行っております。また、他の診療科とも連携を行い、入院中の皮膚疾患に対して診断治療を行っております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 16 3 2.79 0.00% 3.5
140590xx97xxxx 停留精巣 あり 10 3 3.02 0.00% 1.4
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 - - 3.84 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.17 - -
140460xx99x0xx 胆道の先天異常(閉鎖症) なし 手術・処置等2なし - - 4.47 - -
手術が必要な新生児及び乳児のヘルニアや消化器、泌尿器疾患に対して幅広く対応しております。また、小児期の消化管運動機能異常(習慣性便秘、胃糞症、臍疝痛、新生児嘔吐症、胃食道逆流現象等)及び夜尿症の治療も行っております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 17 25 1 8
大腸癌 31 34 25 18 30 1 8
乳癌 34 11 1 8
肺癌 1 8
肝癌 12 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
現在日本で最も多い5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)を進行状況ごとに症例数で集計したものです。
当院はがん治療中核病院として手術、化学療法、放射線療法を行い、地域のがん治療を担っております。また、緩和ケア目的での入院をされる患者さんもおり、多角的な方向からのプローチが行えるよう努めております。乳癌については、かかりつけ医からの紹介が多く、発見後早期に手術を行える体制となっております。
なお、当院では検査入院において入院中に確定診断に至らなかった場合、「不明」と分類しています。
※Stageとはがんの進行状態を示すものです。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 41 11.78 78.54
重症 22 19.27 86
超重症
不明
成人(15歳以上)の肺炎患者について重症度別に患者数、平均在院日数及び平均年齢を集計したものです。
市中肺炎とは普段の生活の中で羅患した肺炎を言います。(介護施設に入所中の方や他の医療機関に入院中の方が罹患した場合を除きます。)
重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システム(A‐DROP)に基づき分類しています。年齢、血中尿素窒素、動脈血酸素飽和度、意識障害、血圧の5つの項目に対し、それぞれの基準値に該当する項目数の合算により評価をするものです。重症度は各項目の該当数により評価され、0は軽症、1~2は中等度、3は重症、4~5もしくはショックに該当する場合は1項目のみでも超重症となります。
当院では中等症~重症の市中肺炎が多く、平均年齢が86歳と高くなっております。高齢の場合だと合併症を持っている場合が多く、治療期間が長期化しやすい傾向にありますが、当院ではほぼ全国平均程度の入院期間になっています。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 180 24.79 76.97 36.67%
その他 21 34.33 74.1 33.33%
脳梗塞の患者が症状を自覚してから治療を開始するまでの期間を患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率で集計したものです。
ほとんどの患者が3日以内に治療開始となっていますが、中には症状が出てしばらく経ってから治療が開始された患者さんもいます。
早期に治療を開始することで後遺症が残る確率が大幅に減少します。
当院は、1次脳卒中センターの認定を受けており、脳梗塞の患者に対して早期にt-PAや手術等が行えるように、常時受け入れ体制を整えております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード


■内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 73 3.68 4.71 2.74% 71.93
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 50 2.86 4.5 0.00% 72.16
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 1.18 18.82 5.13% 76.74
K654 内視鏡的消化管止血術 36 2.19 12.06 13.89% 70.56
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 33 0 17.42 0.00% 69.67
内科の手術の多くは、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。「日本消化器内視鏡学会指導施設」に認定されており、多くの消化器内視鏡学会専門医、消化器内視鏡技師(看護師)が在籍し、充実した設備のもと診療を行います。上記以外にも、外来にてポリープなどの病変を発見した場合にはその場で切除が必要な病変か判断し、日帰り手術(内視鏡手術)を積極的に行っております。
次いでは、狭心症や急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術です。「日本循環器学会認定循環器科専門医研修施設」、「日本心血管インターベンション学会研修関連施設」の認定も受け、内視鏡的検査・治療とともに心臓カテーテルの検査・治療を予定緊急問わず常時対応しております。

■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 79 3.84 5.99 1.27% 65.84
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 2.63 3.2 0.00% 70.41
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 0.88 3.03 0.00% 69.2
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 39 1.15 7.62 0.00% 64.38
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 38 5.42 11.42 5.26% 74.08
外科の手術は胆嚢疾患やヘルニアに対しての手術が多く行われています。
胆嚢疾患や悪性腫瘍に対して、患者さんの負担の少ない腹腔鏡での手術が積極的に行われています。
外科の手術は上部消化管から下部消化管、肝胆膵に至るまで幅広い領域に対し診療が行われております。

■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 119 2.14 23.2 39.50% 77.32
K0462 骨折観血的手術(前腕) 84 1.69 9.7 8.33% 64.6
K0811 人工骨頭挿入術(股) 66 3.5 24.83 37.88% 82.53
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 56 1.27 0.00% 59.34
K0821 人工関節置換術(膝) 47 1.72 19.64 4.26% 69.47
大腿骨の骨折に対して行われている手術が多くを占めています。平均年齢は70歳を超えており、高齢者の運動疾患の中でも上位を占める疾患であることが見て取れます。主な原因としては、骨強度の低下による脆弱化が挙げられます。骨接合術以外にも人工関節手術も多く行われています。

■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 2.45 17.65 9.68% 78.29
K178-4 経皮的脳血栓回収術 22 0.05 31.5 77.27% 79.59
K1742 水頭症手術(シャント手術) 20 5 27 45.00% 78.6
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 17 4.41 20 11.76% 65.12
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 14 1.07 26.86 14.29% 68.5
前年度と同様に、最も多い手術が慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術でした。水頭症手術、頭蓋内腫瘍摘出術、脳動脈瘤頸部クリッピング術についても、同様に上位を占めています。経皮的脳血栓回収術については、前年度よりも大幅に増加しており、外科的手術はもちろんですが、カテーテル治療も積極的に行っております。

■皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 13 0.92 13.15 0.00% 81.46
K0021 デブリードマン(100cm2未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
皮膚の悪性腫瘍に対しての手術が主となります。
その他にも、褥瘡に対するでブリードマンや、四肢や躯幹の良性腫瘍に対しての切除術等の手術が行われています。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 69 1.78 8.23 0.00% 77.35
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 54 0.37 1.24 0.00% 51.65
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 45 1.51 6.51 2.22% 71.67
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 1.42 5.06 0.00% 69.22
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)
前年度と同様に、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のもの)が最も多く、69症例でした。他にも、体外から衝撃波をあて結石を砕く「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」、尿道から内視鏡を入れ、尿管または腎臓の結石をレーザーで砕石する「経尿道的尿路結石除去術(レーザー)」、尿管狭窄に対する治療で、経尿道的尿管ステント留置術などの患者さんに負担の少ない経尿道的手術が多く行われております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 30 1.27 8 0.00% 51.13
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 25 1 7 0.00% 70.52
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 16 1.13 8.13 0.00% 55.19
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 15 2.4 7.73 0.00% 31.33
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 10 0.7 8 0.00% 32.2
前年度と同様に、当科では主に予定及び緊急の帝王切開や、子宮筋腫や卵巣嚢胞等に対する外科的治療も積極的に行っております。

■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 141 0.04 2.81 1.42% 76.36
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 15 0 4 0.00% 69.8
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし)
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
K281 増殖性硝子体網膜症手術
前年度と同様に、白内障に対する水晶体再建術が多く、クリティカルパスを使用し、標準的な治療を提供することや患者さんの負担軽減にも努めています。また、硝子体茎顕微鏡下離断術は硝子体疾患に対して行います。硝子体疾患に対して、低侵襲小切開硝子体手術が可能な設備や網膜疾患や緑内障の診断に必要な眼底三次元画像解析機器を整備しております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

■小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 10 1 1 0.00% 1.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
K6335 鼠径ヘルニア手術
K6333 臍ヘルニア手術
K8351 陰嚢水腫手術(交通性陰嚢水腫手術)
当科で行う手術は新生児、乳児の消化器、呼吸器、泌尿器も先天性疾患となります。クリティカルパスを使用しており、術前、術後とも短期の入院となっております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 24 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.33%
異なる
上記の4つの傷病名について、入院契機となった疾病と医療資源を最も投入した傷病名(請求の基となる傷病名)が同一か異なるかを集計したものです。
播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、種々の疾患により、全身で血管の中に血栓が生じやすくなる一方で、止血機能が失われ、様々な臓器で出血傾向となり、重症化すれば多臓器不全を招く危険な病態です。
敗血症とは、細菌やウイルスが血流を介して全身に広がり、意識障害、臓器不全、ショックなどを引き起こす重篤な病態です。当院では、入院時に感染症が疑われる患者さんに対しては、血液培養を必ず行うよう徹底し、敗血症をはじめ、重症感染症等の早期発見早期治療を心掛けております。
※集計上、患者数が10件に満たない部分は「-」となっております。

更新履歴

2021年9月30日

病院紹介

ページのトップへ戻る