摂食・嚥下サポートチーム

摂食・嚥下チームの紹介

 病気に伴う障害や加齢などにより、食事を飲み込む機能が低下することがあります。日々の生活において当たり前のように行っている、食べる・飲むということに時間がかかったり、むせやすくなり、誤嚥(水分や食物などが食道ではなく気管に入ること)につながってしまう危険があります。誤嚥をすることで肺炎や窒息につながり、しいては命を落とす可能性があります。
 このような状態を防ぐ、あるいは悪化させないために、当院では、医師、看護師、言語療法士、管理栄養士、歯科衛生士が一つのチームとなり活動しています。食事や内服時に不安がある患者さんを対象に、食事・飲水時のむせ、食事にかかる時間、口腔内の状況などをみるために昼食の時間を利用しラウンドしています。ラウンド後は、カンファレンスを行い、患者さんの嚥下状態の確認、食事姿勢の確認、食事形態の確認をしながら、より安全に食事摂取ができる方法を検討しています。

活動内容

   

病院紹介

ページのトップへ戻る