小児科

対象疾患

悪性腫瘍と手術を要する心疾患を除く分野の小児疾患

概要

 これまで急性感染症を中心に種々の領域の疾患に対して対応してきました。 アレルギー専門医が増えたおかげで日本アレルギー学会のアレルギー専門医教育研修施設認定を受けることができ、 特にアレルギー分野の診療に力をいれています。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門分野 認定医・専門医
小児科部長
感染アレルギー科
医長
山口 禎夫 感染症(耐性菌、抗菌薬)
アレルギー
日本小児科学会専門医
日本感染症学会専門医・指導医
(インフェクションコントロール
ドクター:ICD)
日本化学療法学会抗菌化学療法
(抗生物質)専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
臨床研修指導医
医学博士
小児科医長 石井 とも 小児アレルギー 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
臨床研修指導医
小児科医師 金光 将史 小児一般 日本小児科学会専門医
小児科医師(非常勤) 石井 徹 内分泌 日本小児科学会専門医
臨床研修指導医

外来診療担当表

 
午前
初診・再診
○山口 禎夫
石井 とも
金光 将史
石井 徹
佐藤 友佳子
○山口 禎夫
金光 将史
佐藤 友佳子
石井 とも
石井 徹
佐藤 友佳子
○山口 禎夫
石井 徹
午後
特殊外来
ヘルシー外来
(第2・4午後)
乳児健康診断1ヶ月
(毎週)
小児内分泌外来
(第4週)
小児神経外来
(第2・4週)
予防接種
(毎週)
心臓外来
(第3・4週)
乳児健康診断
4,10ヶ月
(第1・3・5週) 
小児神経外来
(第3週)
アレルギー指導外来
(第3週)

○ : 診 療 科 責 任 者
※特殊外来は完全予約制となっております。事前に小児科外来にお問い合わせください。

食物アレルギーのある患者およびその保護者様へ

NHO栃木医療センター小児科

 食物アレルギーのある患者様は、日常的に特定の食品の除去を強いられます。また、誤って食べてしまったときの不安も抱えながら生活しなければなりません。しかし、正確な診断を受け確かな知識を身につけることで、より豊かな、より安心な食生活を送れるようになります。正しい診断は食物経口負荷試験により行うことができます。確かな知識を身につけるためには食事指導を受けることが大切です。
当院では、食物経口負荷試験食事指導を軸に据え、食物アレルギー診療を行っております。また、アレルギーを専門とする小児科医が常勤しており、アレルギー全般にわたる診療を積極的に行っております。当院の診療が食物アレルギーのある患者様の助けに少しでもなれればと思っております。

当院へ受診を希望される患者様へ

当院へ紹介を希望される医療機関様へ

※患者様用パンフレット[PDF:226KB]

当院の受診を希望される食物アレルギーの患者様へ

お問い合わせ先
NHO栃木医療センター 小児科外来
028-622-5241(病院代表)

当院へ紹介を希望される医療機関様へ

お問い合わせ先
NHO栃木医療センター 小児科外来
028-622-5241(病院代表)

感染アレルギー科

感染アレルギー科医長 山口禎夫先生の自己紹介

 平成15年に感染症専門医として臨床研究部抗感染症薬(現:感染制御)研究室長に就任し、主に小児領域において抗菌薬(抗生物質)の適正使用を念頭に診療をして参りました。また、医療関連感染対策、耐性菌の動向、抗菌薬適正使用について研究を重ねております。臨床研究部の部門紹介で業績をリンクしましたので参考にして頂ければと存じます。平成20年より感染症指導医、アレルギー専門医を取得し、感染アレルギー科医長を兼任しました。外来は、小児科外来に週2回出ておりますので、診療の場で懇切丁寧に感染症や抗生物質、アレルギーについて説明していきたい所存でございます。

役職 氏名 専門分野 認定医・専門医
感染アレルギー科医長 山口 禎夫 感染症(耐性菌、抗菌薬)
アレルギー
日本小児科学会専門医・指導医
日本感染症学会専門医・指導医
(インフェクションコントロール
ドクター:ICD)
日本小児感染症指導医 
日本化学療法学会抗菌化学療法
(抗生物質)専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
臨床研修指導医
医学博士
日本感染症学会評議員
日本小児感染症学会評議員
日本化学療法学会評議員
日本環境感染学会評議員
日本臨床微生物学会評議員

臨床内分泌・代謝研究(感染制御)研究室はこちらから>>

診療科・部門

診療科
■ 看護部   ■ 部門紹介
ページのトップへ戻る