学生寮

学生寮

学生寮(桜苑寮)

通学が困難な学生には寮があります。(女子のみの入寮となります。)

学校の寄宿舎管理規定に基づく学生寮となります。年2回、防災訓練も行っています。
1回目は、学校教職員の協力で学生寮生全員実施しています。2回目は、病院の防災訓練の患者役や災害支援などの手伝いを行っています。
入寮後は、学校で決められた寄宿舎管理規定と学生寮自治会で決められた規則に従い寮生活を送っていただきます。

入寮について

入寮は、入学時または、4月と10月の前期及び後期を節目として、入寮の希望を募ります。
入寮願いを提出し、学校長に許可された場合に入寮となります。
部屋の間取りは、2名入居できるスペースとなっています。(約12畳)
お風呂とトイレ(和式、洋式あり)は共同です。昭和44年に建築された鉄筋2階建てが建築され、平成6年に居室の改築を行っており、古い建物です。
ALSOK、煙探知機、非常時の消火設備を設置しています。
現在は、寮の利用者が少なく、1人での入居がほとんどとなっていますが、入寮者数により2人部屋が増える可能性もあります。

必要経費

寄宿舎費 1人で入居の場合:1540円
     2人で入居の場合:770円

<食費>

2019年7月より、昼のみ業者宅配の弁当の注文としています。管理栄養士の日替わりメニューで500円です。朝、夕、土日祭日については、学生寮の各フロアにある調理室にて自炊を行っています。電子レンジや冷蔵庫を共同で使用しています。(昼の弁当注文は、外の実習や学校行事などの時には止めることができますが、学内にいるときには、全員注文しています。)

<水道・光熱費>

月額は、前年度の使用状況や入居の人数により変わります。月額、約8000円です。

<寮自治会費>

1000円/月。臨時にて、徴収することもあります。
主な使い道は、生活雑貨を買います。(例えば、台所洗剤、トイレットペーパー、掃除用具)

学生寮見取り図

※レイアウト一例(2人部屋)

寮内の様子

寮生の声

寮長

寮に入って良かったことは先輩や友達、いろいろな人たちとの出会いを通して人間関係を学べることです。
学校から帰って来ると「おかえり!」と言ってくれる仲間がいる温かさを感じます。
多くの頼れる仲間がいるため、安心してとても楽しい寮生活を送っています。
また同じ夢を目指す者同士、情報交換ができ勉強に励むことができる最高の環境だと思います。